病気に関する原因はストレス

待合室

病気にはさまざまな種類があります。
最近ではストレスといった言葉をよく耳にしますが、近年はストレス社会になっているので、さまざまなストレスが考えられますがこのストレスと戦っていく事も必要になってきます。
ストレスは色々な病気に関わって来ます。病は気からといった言葉が昔から考えられていますが、この言葉は本当なのかもしれません。
会社や毎日の満員電車、学校や対人関係、SNSでのトラブルなど最近はインターネットの普及によってそういったインターネット絡みのストレスも関わってきています。
ストレスを全く溜めないように生活するというのは、不可能に近いかも知れませんがストレスを解消する方法はたくさんあります。
例えば、カラオケやクラブや好きなアーティストのライブです。
音楽は人の気持を明るくも暗くもさせてくれます。
音楽の歌詞によって気持ちの変化があったりします。好きな音楽を共有して日頃のストレスを発散させる方法はとても効果的です。

ストレスによって考えられる病気はたくさんありますが、日本人がたくさん掛かる病気のひとつとしてがんがあげられます。
がんは日本人が死亡する原因のもっとも多い病気のひとつです。
そして、がんは治りにくく、治療がキツイといったイメージをもっている方もたくさんいらっしゃるかもしれません。
がんの治療方法には主に3つの治療方法があり、手術療法、化学療法、放射線療法です。
この3つの療法が現在認められているところは、即効性があり組合せて治療できるといったところです。
この3つの治療方法はがんの三大療法と呼ばれていて今までのがん治療の要とされていました。
しかし、最近ではこの3大療法に引き続き4つめの治療方法が浸透してきています。
その治療方法の名前は免疫細胞療法といい、患者さんの免疫細胞を使用して治療する方法です。
免疫細胞療法は別名をNK細胞療法と呼びます。その理由は免疫細胞のNK細胞を使用することから考えられます。
免疫細胞療法で使用されるNK細胞は1970年に発見されました。

すい臓がんはすい臓にがんが発見された事によってその名がついています。
すい臓はどこにあるのかというと、すい臓はお腹の奥深いところにあり、上腹部のみぞおちと臍の中間くらいのところから左上にあります。
すい臓は細長い臓器で、頭部、体部、尾部に分かれています。
すい臓がんはすい管というところから発生し、そこから転移した場合や、そこから腫瘍を形成して浸透した場合などにすい臓がんと呼ばれます。

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031